クリオスペシャルコラム

私たちの身体は常に温度を一定に保っている

私たちの身体には、「体温が常に一定」になるように様々な機能が備わっています。

気温や水温など周囲の温度に左右されることなく、自らの体温を一定に保ち、 まわりの環境より高い体温を維持することができます。
体内で熱をあまり作れない変温動物は、外部から熱を取り入れることで、必要な熱量を確保していますが、私たちの身体は、 何もしていないと思われている寝ているときにも体温を作り続けています。

私たちの身体は、寒くなると身体の筋肉を震わせて発熱し、暑くなると汗をかくことによって身体を冷やすなどして温度調整をしています。
例えば寒い冬の日にトイレにいって排尿をすると、ブルブルと震えがきますが、これは膀胱の中に溜まっていた温かい尿が一気に排出されたために、失われた熱を早く回復させるために起こる震えです。

私たちの身体は冷えると、筋肉を震わせることにより体温を上げているのです。
体温は身体の中で作られていますが、血液によってその温かさが全身に運ばれて体全体を温めます。
体の中心部では38℃ですが、脇の下では36~37℃、それが手や足先に運ばれるころには28℃くらいになります。

具体的に身体の中で体温を作るところは、筋肉です。
筋肉は身体の中で最大の熱生産器官です。その他、肝臓・胃腸も熱をつくりだします。
運動をしたり、食事をしたりすると身体がポカポカと温かくなるのは、筋肉や肝臓・胃腸が活発に動いて体温をつくるためです。筋肉は最大の熱生産器官です。

私たちの身体は常に温度を一定に保っている

子供の平熱は高めで、お年寄りの平熱は低めですが、日本人の健康的な平熱は約37℃といわれ、意外に高いことに驚きますが、だるさやつらさなどの病的な自覚症状がなければ、37℃は微熱ではなく、健康な体温だといわれています。

しかし最近、平熱が36℃以下という「低体温」の人が増え、身体の冷えがもたらす、様々な病気や悪影響が問題になっています。

低体温は病気の元

「低体温」はさまざまな病気を招くという事実が、明らかになってきています。
肌荒れ・便秘・ガン・糖尿病・骨粗鬆症・認知症・ぜんそく・アトピー・花粉症性のアレルギー等のあらゆる病気は、低体温によって発症、悪化する危険性があります。

また、私たちは加齢と共に病気のリスクが高まります。
それは加齢による動脈硬化がおこるからです。
動脈硬化は、動脈の血管壁が堅くなることで、血管の内側に悪玉コレステロールがこびりつき、脂肪の塊ができやすく、血液を詰まりやすくします。

そこに低体温が加わると、発病のリスクがより高まるといわれています。
動脈硬化によって硬く狭くなった血管の中を、低体温によってどろどろになった血液が流れることになるからです。

身体を温めると健康になる

身体を温めると次のような効果があるといわれています。
1)免疫機能をアップする
2)細胞の新陳代謝をアップする
3)酵素(エンザイム)の働きを良くする
4)身体の全体の流れを良くする

体温は、これらの機能が正常に働いているかを知る最もよい指標となります。
身体を温め、血行をよくすることは、身体を構成する60兆個の細胞を活性化し、病気になりにくくするだけでなく、若返りや美容に効果があり、アンチエイジングのとっておきの秘策です。

1)体温を上げて免疫機能をアップする
子供の平熱は高めで、お年寄りの平熱は低めですが、日本人の健康的な平熱は約37℃といわれ、意外に高いことに驚きますが、だるさやつらさなどの病的な自覚症状がなければ、37℃は微熱ではなく、健康な体温だといわれています。
しかし最近、平熱が36℃以下という「低体温」の人が増え、身体の冷えがもたらす、様々な病気や悪影響が問題になっています。


2)体温を上げて細胞の新陳代謝をアップする
子供の平熱は高めで、お年寄りの平熱は低めですが、日本人の健康的な平熱は約37℃といわれ、意外に高いことに驚きますが、だるさやつらさなどの病的な自覚症状がなければ、37℃は微熱ではなく、健康な体温だといわれています。
しかし最近、平熱が36℃以下という「低体温」の人が増え、身体の冷えがもたらす、様々な病気や悪影響が問題になっています。


3)体温を上げて酵素(エンザイム)の働きを良くする
酵素(エンザイム)は、生物の細胞内でつくられるタンパク質をもとにして構成され、触媒として働きます。
食べ物やアルコールを消化する「分解」、栄養を体内に取り込む「吸収」、老廃物を体外に出す「排出」、細胞の新陳代謝、エネルギーの生産など、体内で起こるほとんどの化学変化には、触媒として働く酵素が必要なのです。
植物でも動物でも、生命があるところには必ず酵素が存在しており、酵素がなければ生命を維持することはできません。

4)体温を上げて身体の全体の流れを良くする
身体は、水と密接に関わっています。体内の生命活動の基盤である体内の水分量は、子どもで身体の約70パーセント、成人では約60~65パーセント、老人では50~55パーセントといわれていますが、体内の水の働きは主に次のようなものです。
体温を保つ
栄養を循環させる
老廃物を排泄させる
関節の潤滑作用  など
私たちの身体の中にある水分の減少や水分の活力低下は老化を意味しますが、体温が下がるとこの水の流れが滞ります。
体内の水が活性化されることは、細胞を活性化するために理想的な状態です。
このように体温の調節というのは、人が生命を維持する上でとても大切な機能なのです。

ではどのように体温を上げたら良いのでしょうか?

それは日頃の小さな積み重ねが大切です。
冷たい飲料水を飲み過ぎないこと、シャワーではなく湯船に入って身体を温める習慣をつけること、身体を温める食生活をすることなどすべてをバランス良く適度に行うことが大切ですが、体温を恒常的に上げる最も良い方法は、基礎代謝を上げることです。

基礎代謝を上げ、身体の熱をつくりだしている最も主要な器官は筋肉です。筋肉をつけると基礎代謝が上がります。
筋肉が1キロ増えると、基礎代謝が一日あたり50キロカロリーほど増えるといわれています。

「代謝」というのは、体内で起こる化学反応のことです。食べ物からの栄養をエネルギーに変えて運動をするといった、生命維持にとって重要な活動も、代謝にあたります。このとき運動に直接使われなかった、残りのエネルギーは、体温の維持に用いられます。

私たちの身体は、生命を維持するだけでもかなりのエネルギーを消費しています。
これを基礎代謝といいます。体温と基礎代謝は正比例の関係にあります。
これは基礎代謝の多くが体温維持に使われているからです。体温の高い人の方が、基礎代謝は高くなります。
基礎代謝が高いと、何もしなくても多くのエネルギーを消費するので、同じカロリーを摂取しても太りにくくなります。

加齢と共に筋肉は落ちていく

年齢を重ねるにつれ、だれでも動きが鈍くなっていきます。
これは筋力と神経系の能力の低下によるものです。
筋肉量や筋力は成長ホルモンの低下やたんぱく質合成の低下によって30代をピークに徐々に落ちていきます。また基礎代謝の低下によって体脂肪が増え、内臓脂肪もつきやすくお腹が出てきます。

食事制限をしてダイエットをしたときに、真っ先に減るのは脂肪ではなく、筋肉と水分です。
体重が減ったとしても、それは脂肪ではなく筋肉と水分が減っているのです。
筋肉量が少ないと、運動による熱を生み出しにくく、これらが低下して、体内で十分な熱が作られずに冷えが生じてしまいます。

重さで表すと、30代の男性は体重の40〜45%、女性は30〜40%程度が筋肉です。
男性より女性に冷え性が多いのも、女性の方が筋肉量が少ないことが原因であるといわれています。

例えば一番落ちやすい大腿四頭筋の場合、30歳をピークに、筋肉は一年につき1%ずつ細くなっていきます。
加齢の影響を一番受けやすい筋肉は、立つ、座る、歩く、姿勢を保つといった日常的な活動に密接に関連している大腰筋・大臀筋・腹筋・背筋などの身体の中心部にある筋肉です。
加齢に伴い落ちていく基礎代謝を高めるためには、最大の熱生産器官である筋肉を鍛えることが必要不可欠です。