ゴールドフィルド製品
について

ゴールドフィルドとは

5f1a45_3c57a6d064fe44188628078a13f50bc0

ゴールドフィルドは金張りとも呼ばれ、芯となる真鍮等に金を張り付けた素材のことです。近年、金地金の高騰により、本物の金が張られているゴールドフィルドが注目を浴びています。

クリオ製品に使用している14金ゴールドフィルド(14KGFと表記)は、グローバルスタンダードである「商品全体重量の1/20以上の14金が張られている」素材です。

14金ゴールドフィルドは、コーティング加工の金メッキとは異なり、14金の板と真鍮の芯を圧着しているので、通常のご使用で剥がれたり、磨り減って芯が露出することはほとんどありません。

外観は金そのもので、滑らかで深い輝きがあります。価値ある素材なので、ジュエリーの一つとして長くお使いいただけます。

14金ゴールドフィルドとメッキの違い

5f1a45_20b109adfe784d7d8a03d2a9bcbcc79e

14金の板と芯部分を高熱と圧力で圧着しているので、通常の使用で摩耗したとしても、芯に達することはまずありません。表面も滑らかで、貴金属の風格があります。

5f1a45_e03b05f0df2945cc8a648a12220e8825

金は薄く、全体を被膜のように覆っているだけなので、厚メッキ(約1~3μ厚)の場合でも通常の使用で摩耗し、芯の部分が露出することがあります。

欧米ではおなじみのジュエリー素材

5f1a45_713df9a09d8947c4bac8386af447cf48

14金ゴールドフィルドは、ほぼずっと変わらない金の色と質感があり、貴金属製品、ファッションジュエリーに使われている素材です。

クリオで採用している14KGF(商品全体重量の1/20以上の14金が張られている)は、本場アメリカの基準で製作されています。

基準に満たないものは「ゴールドフィルドとは呼べない」と決められている確かな品質の素材です。

お手入れ方法

14金ゴールドフィルドは、汗などで黒ずむということはあまりありませんが、14金などの金製品を長期使用することで見られる「曇り」「くすみ」のようなものは出てきます。

・汗や水で濡れたら、乾いた柔らかい布でやさしく拭いてください。

・皮脂やホコリなどの付着が気になる場合は、台所用中性洗剤入りの水で洗い、流水でよくすすぎ、乾かしてください。

・ポリッシュクロス(金属用クロス)をご使用の場合は、スクラッチ成分(研磨剤)の入っていないものをお使いください。

保管方法

使用しないときは、空気に触れないようジッパー付きビニール袋などに入れ、個別保管をしてください。

金属アレルギーについて

5f1a45_3048e5e6bda1491cb198296a853146e1

ゴールドフィルドは、金属アレルギーを起こしやすいとされるニッケルを用いていないため、安心できる素材です。

ただし、14金はその全てが純金ではなく、銀、銅、パラジウムなどが入っているため、そこにアレルギー反応が出る場合もあります。

通常、14金や18金でアレルギーが出ない方であれば、安心して14金ゴールドフィルドをお使いいただけます。