Special Interview
- クリオスペシャルインタビュー -

奥原 希望 Nozomi Okuhara

長野県大町市出身。日本ユニシス所属のバドミントン女子日本代表選手。
BWF世界ランキング最高位は3位(2016年3月17日)
 。
小学校2年生の時、父親と姉、兄の影響を受けてバドミントンを始める。
小学校6年生時にはANAアジアユースジャパン、U13で優勝、日本人選手で初めてBWFスーパーシリーズファイナルズ女子シングルスで優勝、中学2年次には新人部門でシングルス優勝、中学3年次ではジュニア部門でシングルス2位を収める。高校2年生、2011年に全日本総合選手権で優勝、16歳8ヶ月での史上最年少バドミントン全日本女王に。2011年12月21日付けで発表されたバドミントン日本代表に初選出される。2013年に左膝の半月板を損傷し、手術を受けるも、2014年11月のスーパーシリーズの香港オープンで準優勝を獲得。2015年のヨネックス・オープン・ジャパンではスーパーシリーズ初優勝、さらに日本人で初めてスーパーシリーズファイナルズのシングルスで優勝する。2016年の全英オープンでは1977年以来となる日本人選手の優勝を果たし、世界ランクが自己最高の第3位に。そして8月のリオ・デ・ジャネイロ五輪では銅メダルを獲得し、日本のバドミントン史上初のシングルスでのオリンピックメダリスト、そして長野県出身者としては初の夏季オリンピック個人種目のメダリストになった。

 奥原希望オフィシャルブログ:http://ameblo.jp/okuharanozomi/

 

 

クリオスペシャルインタビューの中でも、特にアスリートの内面に深く迫っていくロングインタビュー「カクシン!」。今回は、リオオリンピック女子バドミントンシングルスで見事銅メダルを獲得した奥原希望選手にお話をうかがいました。クリオ公式パートナーの奥原選手が放つ、そのひと言ひと言に大注目です!(2016年取材)

バドミントンだけじゃなくて、何事にも負けたくない。

CHRIO

世界で活躍するための原動力は?

奥原

一番は、『負けず嫌い』ですね。小さい頃からずっとそうですし。

CHRIO

高校時代、数学でも学年トップだったとか。

奥原

そうです(笑)。バドミントンだけじゃなくて、何事にも負けたくない。

CHRIO

自分の性格を一言で言うと?

奥原

ストイックですかね。負けず嫌いで。

CHRIO

どんなふうにストイック?

奥原

「痛みに強い」ですね。練習しててもう夢中になって、痛みとかあまり感じなかったりとかします。そうですね、血だらけになったりとか(笑)。疲労骨折したまま練習したりとかもあります。

CHRIO

座右の銘は?

奥原

克己心(こっきしん)です。己に勝つ心ですね。

スポーツどんな競技でも、私はバドミントン競技で対人競技ですけど「自分との勝負」というところは多いので、まずは自分に打ち勝つという(ことが大事)。

CHRIO

それはいつから意識している?

奥原

中学校のときからです。中学3年のときにその言葉に出合って。その言葉、すごく良いなって思って。

私は副学級長をやっていて、クラスごとの学級委員が集まって、学年の目標だったりを決めたときに、その『克己』という言葉があがって。

CHRIO

意識しているライバルはいますか?

奥原

みんな…ですね。特にいないです。

CHRIO

では尊敬している選手は?

奥原

それも誰というのはないですね。

CHRIO

他競技のアスリートで気になる選手は?

奥原

一番は、浅田真央選手が好きです。はい。やはり、もう象徴的な「国民的大スター」じゃないですか。オリンピックで銀でも、まず本人が一番悔しい思いをしていると思うんですけど、それでもまたもう一度リンクに立って、競技を続けるという…。その姿勢はすごく…本当にすごいなって。「すごい」という言葉では表せられないくらい、いろんな葛藤だったり、苦しい気持ちがあった中を乗り越えて、だと思うので。本当にすごいなと思います。

相手の動きがよく見えるから、方程式がササッて出てくる感じですね。

CHRIO

クリオのコンセプトは「挑む者を、ゾーンへ。」ですが、ゾーンに入ったと感じることはありますか?

奥原

もちろんです、あります。

CHRIO

それはどんな感覚?

奥原

まず、いい意味で何も考えてなくて。でも、相手の動きがよく見えるから、方程式がササッて出てくる感じですね。「すぐ解ける!」みたいな。こう動いて、こう動いて、ここ! って。自分の本当にイメージしてる展開に持っていける感じですね。

CHRIO

「何手も先が読める」みたいな?

奥原

そうですね。迷ったりせずに、こうだ! こうだ! みたいな。

CHRIO

最近の試合で言うと?

奥原

全英(2016年3月)のときはそうでしたね。

CHRIO

ゾーンへの入り方は?

奥原

ありますね。入り方というか…一番は、私が常に試合前に言っている「ブツブツ(「ここまで来られたことに、たくさんのサポート、ファンの皆さんの声に、すべてに感謝して、この舞台を楽しもう、やりきろう、よし!」)」も関係しているんですけど、まず『勝ち』にこだわって、負けたくないという気落ちが強すぎると、一本取られてしまうと「あぁ、どうしよう」とか、すごいネガティブになりがちなので、その目の前の一球一球に集中した先に『勝ち』が見えてくると思うので。その一球一球の目の前のラリーに集中することができたら、自然と集中力が高まっていって、『ゾーン』に入ってるってことはありますね。

CHRIO

他にルーティンは?

奥原

結構オンオフをはっきりする方なんですけど、試合前のアップをする段階から、すぐ試合のスイッチを入れますね。アップのときからずっと。

CHRIO

よくある「靴は右から履く」とかは…?

奥原

あぁ(笑)。そういうルーティーンはないですけど、アップするときは必ず西野カナさんの曲を聴きながら。

CHRIO

お気に入りの曲がある?

奥原

『Every Boy Every Girl』という曲があるんですけど、そのリズムに乗ったり。好きですね。

自分の体の声をすごく聞くようにしています。

CHRIO

体をケアするために気をつけていることは?

奥原

一番は、自分の体の声をすごく聞くようにというか、聞こえるようにというか。自分の気持ちと体の現状を、しっかりコミュニケーションが取れるようになってきたので、どんなに自分が練習を追い込みたくても、やはり体が厳しいって言っているときは、少し(ペースを)落とそうとか。そういう、むやみやたらに追い込むだけだと、ケガをしてしまいますし、それだとあまり右肩上がりにならないということも感じたので。しっかり体のコンディションとかも考えながら、練習を少し、身体がきついなってときにスタッフに相談したりとかさせていただいて、うまくコントロールできるようになりましたね。

CHRIO

長期のケガをしていたときはどんな葛藤が?

奥原

リハビリを少しずつ始めていって。最初ってなかなか、手術してる場所の炎症もあるので、やれることは少ないですね、トレーニングを。そこに負荷をかけないトレーニングなので。やはり、やれることが少ないことが…もっと早くやって、量をやれば復帰できるとかいう、そういう問題じゃないのをわかっていながら…、でも、やれることを全部やりたいんだけど、やれることがなくて。だから、特にチームだったり、代表の合宿に行っても、何もできないから見学とかで完全に一人でぽつんと座っているときにも、ライバルたちが目の前で競って、思いっきり練習しているのに、自分はやることがなくて…。置いて行かれるようなそんな焦りはすごくありました。

CHRIO

そのときのメンタル的な解消法は?

奥原

解決法は…もう考えないことにしてます。最後の方は。バドミントンのことは、ちょっと目を向けずに。

CHRIO

休日やリラックスタイムの過ごし方は?

奥原

買い物をしたりしています。あとは、美味しいものを食べたりだとか。

CHRIO

買い物はオシャレに銀座とか表参道とか?

奥原

いや、そんなところは行かないです(笑)。新宿、吉祥寺とか。

CHRIO

お気に入りのショップがあるとか?

奥原

寮が吉祥寺に近いので。吉祥寺でいっかな、みたいな。

最初の効果を実感したときはすごいなと思いました。手首だったので、すごい動かしやすくなったなという感じでした。

CHRIO

クリオを知ったきっかけは?

奥原

高校のときに知り合いの方が話を持ってきてくださって、そこからですね。

CHRIO

一番初めに使ったアイテムは?

奥原

ブレス(インパルスブレスレット)でした。

CHRIO

使ってみた感想は?

奥原

最初の効果を実感したときはすごいなと思いました。手首だったので、すごい動かしやすくなったなという感じでした。

CHRIO

リオでも使用していたネックレスについては?

奥原

(日本)代表のユニフォームなんですけれども、紺とピンクとか、襟元がこのネオイエローに近い色だったり、紺に黄色だとすごく映えたりするんで、それがけっこう気に入っています。

CHRIO

お気に入りアイテムは?

奥原

バスタオルとローションですね。(バスタオルは)常にブランケットとして、飛行機と、バス移動とか。常に手荷物で持ち歩いています。

CHRIO

「情熱大陸」でも飛行機のシーンで見かけました。

奥原

あんな感じ(笑)。いつも使っています。

バンジージャンプか、スカイダイビングをしてみたいですね。

CHRIO

これまでで「人生最大の挑戦」は?

奥原

バドミントンしかしてこなかったんで、「今までの人生の最大の挑戦」はまだ…ですね。これからです。バンジージャンプか、スカイダイビングをしてみたいな、と思ったり…。

CHRIO

これからの「挑戦」に向けた決意をお願いします!

奥原

いつも応援ありがとうございます。また、新たな目標を自分に掲げて、少しずつ、一歩ずつ、前に進んでいきたいと思うので、これからも応援よろしくお願いします!

奥原選手愛用のクリオアイテムはコレ!

クリオ スポーツタオル

 

■サイズ:62cm×120cm

■素材:綿100%

 

スピンエアーで実感する軽さとボリューム

・空気を含んだ厚みのある繊維で吸水性・速乾性抜群

・暖感性・保温性抜群で熱を逃がさない

・洗濯回数を重ねても風合いを損なわず、
 いつまでもソフトな手触り

 

 

クリオ スポーツタオル

 

クリオ マッサージローションDX

 

■内容量:205ml

 

ミルクのような豊潤なテクスチャー

・スポーツ後の筋肉マッサージや入浴後のボディーケアに

・ユーカリ、ティーツリー、ローズマリーの
 天然アロマをブレンド

・たっぷり使える205ml

 

 

クリオマッサージローションDX