CHRIO クリオ 挑むものをゾーンへ

USERS

クリオ使用選手

トライアスロン

博慈会 / NTT東日本 / 西日本

北條 巧 選手

プロフィール

名前 北條 巧(ホウジョウ タクミ)

生年月日 1996年4月7日

出身 埼玉県北本市

所属 博慈会 / NTT東日本 / 西日本

出身校 北本市立北本中学校→埼玉県立熊谷高等学校→日本体育大学

2016 NTT トライアスロン・ジャパンランキング 23位
2017 NTT トライアスロン・ジャパンランキング 13位
2018 NTT トライアスロン・ジャパンランキング 2位

 

競泳歴14年。知人などからの勧めから、トライアスロンに挑戦しようと思い、2015年大学入学をきっかけに本格的に競技へ取り組む。
同年日本ジュニア選手権で3位。その後アジアカップを中心に出場し力をつけ、2017年の日本トライアスロン選手権で4位入賞。
2018年にはASTCアジアカップラヨーン大会と大阪城大会で優勝を果たす。ASTCアジアU23トライアスロン選手権(2018/蒲郡)チャンピオン。
目標は東京2020オリンピック競技大会出場、2024年パリオリンピックで表彰台獲得。

 

●主な成績

2015年

第17回日本U19トライアスロン選手権(2015/長良川) 3位

2018年

NTT ASTCトライアスロンアジアカップ(2018/スービックベイ)  3位
NTT ASTCトライアスロンアジアカップ(2018/大阪城)  1位
NTT ASTCアジアU23トライアスロン選手権(2018/蒲郡) 1位
ASTCトライアスロンアジアカップ(2018/ソクチョウ) 2位
NTT ASTCトライアスロンアジアカップ(2018/村上)  1位
第24回日本トライアスロン選手権(2018/東京・台場)  1位

 

※以下より抜粋

http://www.jtu.or.jp/top_athlete/men/hojo/index.html

使用アイテム

INTERVIEW

トライアスロン・北條 巧 選手インタビュー第24回トライアスロン日本選手権で優勝した北條巧選手にインタビューを行いました。
(2019年取材)

 

Q . トライアスロンを始めたきっかけは何ですか?

高校まで競泳をやっていましたが、ネットで両親が強化認定記録会のことを見つけ、「出てみたら?」と言われて出場したのがきっかけです。ジュニアの強化記録を突破し、当時日体大の若杉コーチが記録を見つけてくれて、推薦入学のオファーを頂き、高校の先生の後押しもあり、日体大に入りました。これがきっかけでした。

 

Q.  選手としての特徴は?

幼稚園から高校まで競泳をやっていたので、スイムで先頭に上がるということが自分の中の最大の特徴です。

 

Q.  選手権の前に自信有り気な感じでしたが、どんな戦略で臨みましたか?

1年間で日本では一番練習してきたという自信があり、「勝てる」という自信がありました。
レース展開で、昨シーズンは優勝することがあったので、ランの序盤から飛び出して逃げ切るというレーススタイルを日本選手権でも同じようにやって、その結果、序盤からうまく行きました。自分が理想としていたレース展開ができたので、よかったです。

 

Q . 選手権で優勝してから環境などでなにか変化はありますか?

特に変化はありません。自分の中の目標の1つである日本選手権は優勝できましたが、世界大会では全く刃が立たなかったことが悔しかったです。そのため優勝したあとのモチベーションはまったく変わらず、世界を目指して練習することができています。

 

Q . 普段どのような練習を行っていますか?

普段は学校のトライアスロン部の練習にOBとして参加させてもらっており、足りない部分は自主練習という形で練習しています。時間や距離は、自分で週の始まりや身体の調子で計画を立てて行うようにしています。

 

Q . 練習メニューのアドバイスは?

コーチ・トレーナーが学校に居ないため、学生主体でメニューを作成し、コンデショニングも自分たちで行うという形を取っています。治療院へは行っているのですが、練習メニューの調整は、身体と相談しながら自分で行っています。

 

Q . 難しくないですか?

難しいですが、自分としては自分の身体のことなので、自分が一番理解していると理解しており、自分で考えられるというのも学生主体ならではの長所と思っています。

 

Q . 普段から体調管理、コンディションのために気を使っていることはありますか?

食事がいちばん大切だと思っています。食事はバランスよく好きなものを食べるようにしています。あまり食事制限はせず、両親がハンバーグや唐揚げ、副菜などの食事を冷凍して持ってきてくれているので、それをうまく使いながら自炊したりしています。サプリメントとかゼリーとかよりも食事でエネルギーを補うというようにしており、そういうのは取らないようにしています。

 

=== クリオについて ===

 

Q.  クリオを使ったきっかけと第一印象は?

村上大会のときに、クリオのブースでジェルを塗ってもらえるというコーナーがあり、その時に塗ってもらったのがきっかけでした。大会でマジックポイントやクールジェルを使っていく中で、使っていないときと使っているときを比較し、使っているときに自分の中では少し良いように変化していると感じたので、そこから使うようになりました。

 

Q . どんなときに使っていますか?

クールジェルとマッサージオイルを結構頻繁に使っています。トレーニングを行い、夜にストレッチとセルフケアで身体の筋肉のハリとかを確認する意味でもオイルを塗ってローションを使うと、どこが張っているかが分かり、今日の練習で使っている部分だなとということが分かります。普段セルフマッサージは行ってきておりませんでしたが、オイルとローションを使うことで、自分の筋肉の状態が理解することができるようになりました。自分の中でもすごいメリットだなと思っています。

 

Q . お気に入りのクリオ製品は?

クールジェルとマッサージオイルは頻繁に使っています。
あと、ネックレスは結構見た目もかっこいいので、普段も使うようにしています。

 

Q.  今後作って欲しい製品は?

ローラーやトレッドミルなどのトレーニング時に結構汗をかいてしまうので、リストバンドはよく使っています。ヘアバンドとかはレースでは使わないのですが、練習のときに使うので自分はあったらすごいいいなと思っています。汗が垂れるとバイクに落ちてしまい、結構頭から汗をかく人が多いので、皆セーム(タオル)とかをバイクに乗せて濡れないようにしています。、トレッドミルしながら汗をふく回数も減るので、ヘアバンドはトライアスリートは結構使っているんじゃないかなと思います。

 

Q.  最後に、今後の夢や目標を教えてください。

まずは東京五輪に出場して、リレーでメダルを獲得したいです。個人では入賞8位以内を東京では目指しています。最終的には、パリ五輪でメダルを取れるような選手になりたいと思っています。

 

がんばってください!

ありがとうございました。

ページトップに戻る